毎日ティッシュ一枚の成長

毎日ティッシュ一枚の成長
これが、秩父こども園です。

これは 毎日 毎日 同じ時間に同じ事をして
それが 週間になります。
成功体験を積み重ねて
成功回路が脳に出来上がります。

1度出来てしまった成功回路は
使わなくなっても蘇ります。

それは、自転車に乗ることが出来るようになれば
自転車に乗らない時間が長く合ったとしても
すぐに乗ることが出来ることと同じです

実は、文字が書けたり側転が上手にできることが
目標なのでは ありません。

昨日の自分を乗り越えて
目標を達成していくことが大事なのです
毎日成功体験を積み重ねているのです

そのための体操です
そのための文字です
そのための音楽です

自分の力を精一杯出して
成長する事を体験すること
それが 一番大事なのです。

みんな楽器ができる

太鼓、シンセサイザー、シロフォン、マリンバ、ラテンパーカッション、ドラム・・・・
いろんな楽器を子どもたちは扱います。

当園では年長さん くらいになると
「今日 キーボードして」っていうと
できるお友だちが数人います。

発表会前の練習で
キーボードや太鼓のお友だちが休みました。
すると、ピンチ・ヒッターで
鍵盤ハーモニカのお友だちが変わってもできるのです

年中 年少さんだと その日では無理でも
数日で代われます。

いろんな楽器をやって
好きな楽器があって

好きな子は みんなできちゃう
っていう感じが大事です。

その子 一人が できるのではなくて、
いろんなお友だちが いろんな楽器を楽しんで

今回の発表会は この組み合わせで みんなで 音を作ろうね
そんな スタンスが 子どもたちを必要以上に追い込まないで
楽しめる演奏につながっています。

成長が幸せに感じる音楽会

そんな毎日を過ごした子どもたちが、ミューズパーク音楽堂で堂々と発表する音楽会。
平成29年度より秩父宮市民会館で実施予定です。

回を重ねるごとに、感動が大きくなってきました。

毎日を何気なくならない、ティッシュ一枚の積み重ねが音楽会です。

たくさん 心温まる感想をいただいています。いくつかを紹介します

我が子はもちろんかわいくて頑張る姿に感動したのですが、その次に感動したのが、ゆり組のYくんのかわいい笑顔です。(Yくんは脳性麻痺です)
みんなに囲まれてリズムをとっているのを見て、ほかの子もありのままのY君を当たり前に受け入れているのを見てほんとにステキだなって思いました。
できることが少ないのは 駄目なんじゃないんだって、今さらながら改めて思った日でした。
他のクラスの演奏を見て、泣けてしまうなんてちちぶ幼稚園だからこそじゃないでしょうか。

今年は東日本大震災で多くの尊い命が失われました。
その年の終わりにちちぶ幼稚園ちちぶ保育園の子どもたちに感動と勇気と与えてもらいました。
子どもの成長を実感できることがこれほど幸せに感じるとは・・・・
先生方が一生懸命に指導する「気持ち」が、子どもたちの「心」にきちんと届いていて、それが素晴しい結果になったんだと思いました。
私も一人の人間として、そして親としても一生懸命、生きて頑張ろうと思いました。
我が子をはじめ、すべての子どもたち、先生方に心より感謝します。
ありがとう!

私たちは どのお子さんも
どのご家族も、幸せだなって思えるように
子どもたちの成長を支援するプロフェッショナルとして保育に精進します。

ページの先頭に戻る